利益を上げるほど収入が上がる

事業の成績が収入に直結する

自営業者は会社員のように大勢の労働者の一人として業務にあたった対価で給与を受け取るのではなく、自分の裁量で事業を展開していきます。会社員では勤続年数や昇進によって給与が上がる事はあっても基本的に会社の利益が個人の収入に直結しない事が多いです。歩合給によって成果を上げた労働者により高い給与を支払う場合もありますが、個人の能力と給与が釣り合わないケースがあります。それと比べると自営業だと事業の成績がそのまま個人の収入となります。逆に結果が悪かった時は会社員と違って実質報酬が残らなかったり、マイナスになる事もあります。それでも出た成果の分だけ自分の収入に直結するのは自営業として働く大きなメリットです。

収入面以外の自営業のメリット

会社員として仕事をしていると社風にもよりますが、ある程度会社や部署で決められたやり方で仕事を進めていく事になります。自営業の場合は仕事のやり方や方針も自分で決定できる良さがあります。仕事をする時間も業務の内容によっては自由にならない事もありますが、自営業では会社員のように勤務時間を決められないので自由にスケジュールを調整しやすいです。
会社員の場合は定年が決められているので、定年を超えるとそのまま社員で働く事はできません。仮に再雇用されて同じ職場で働いても同じ労働条件が保証されるわけではないので、定年を境に大きく収入も落ちます。しかし自営業者に定年はないので、自分が働けるうちは同じ条件で仕事を続けられます。

開業とは今まで勤めていた会社から独立して新しく事業を始めることや、医師が病院を始めることなどをいいます。

© Copyright Securing Open Funds. All Rights Reserved.