自営業のメリット

利益を上げるほど収入が上がる

自分の意見が尊重される

自営業の準備

自営業をするためには、開業するための準備が必要です。もし、準備がしっかりと出来ているとうまく経営できる可能性があり成功の道に進む可能性が高いです。どのような準備をしなければいけないのかしっかりと理解して自営業をするのがお勧めです。

まとまった資金を準備する

自営業を始めるにあたっては、何かとお金がかかります。在宅で起業をするにしても、パソコンやプリンターなどを用意しなければならないでしょう。電話やFAXもなければ話にならないケースは多いです。店舗を構…

Read Now

人脈を広げておく

自営業といっても様々な業種があります。どんな業種でも始めるにあたって重要なのが、どれだけ人脈をもっているかです。ここでは飲食店の開業を例にして説明していきます。開業するために当然必要となるのが店舗…

Read Now

開業する分野の経験を積んでおく

何も知らないで開業するのと、開業する分野での経験があるのでは成功する確率が大きく違います。特に自営業ではすぐに利益をあげることは重要ですので、経験のある即戦力が求められる傾向が強いです。開業すると…

Read Now

オーナーは貴方!今話題のフランチャイズとは?

フランチャイズとは、既にビジネスとして成功し安定した収益を得ているお店から、その看板やサービスに至るまでの営業ノウハウを幅広く使用する権利を得る仕組みをいいます。

経営力が向上する

経理面から経営力を身に付ける

経営力とは何でしょうか?一言では表せませんが、一般的には、会社の理念を遂行し、会社を繁栄させ、従業員を幸せにし、社会に貢献する、といったことが経営力に含まれます。さらに具体的に言うと、経営力とは、会社を運営して繁栄させることができるスキルや知識のことも指します。 自営業を営んで事業を実践することで、経営力を向上させることができます。例えば、経理を考えてみましょう。企業に勤めていると、年金や源泉徴収など金銭面はすべて経理担当者に任せっきりです。しかし、自営業では自分で財務管理をしなければなりません。収益や支出の計算はもちろん、従業員に払う給料や厚生年金・企業年金まで、すべて自分で把握しておく必要があります。それにより、どこにお金の無駄があるのか、どういった投資をしていくべきかなど、経理面からの経営力が向上していきます。

営業面から経営力を身に付ける

自営業を営むことで、営業面からも経営力を向上させることができます。自営業を営む人は、基本的には自分で顧客を獲得しなければなりません。自分の会社の商品やサービスを買ってくれそうな潜在顧客に挨拶に行って売り込みをするなど、営業マンとしての役割も自ら担う必要があります。どうやったら顧客に買ってもらえるだろうか?自分が売りたい商品やサービスの利点や本質は何なのか?そもそもなぜそれを売りたいのか?などを必死に考えるうちに、営業のスキルを得られると共に、会社の理念を再確認したり、新しいアイデアや創出したりすることができます。そうすることで、会社の利益を増やして発展させるための経営力を身に付けることができます。

© Copyright Securing Open Funds. All Rights Reserved.